れっつごーとれいる!


 はいどうも、漬物さんですよ。さて、いい時期ですね。
 紅葉見に行くにもいい季節なのでしょうが、家を一歩出れば目の前にも遠くにも紅葉が見渡せるところに住んでいるのでありがたみはあまりありません。紅葉自体にはね。

 だがしかし、この季節はいいんですよ。
 虫がいない、蜘蛛の巣がない、晴れ間が多い、空気の乾燥もいい塩梅、そして、景色がきれい。

 行くしかないでしょ、山に。






 思い起こせばこのブログは料理動画ブログで、走るようになって自転車乗るようになってロングライドするようになったと思ったら今度はマウンテンバイクだもの、まったく節操がないったらありゃしないわけですが、まあ、楽しいと思ったことをやらないという選択をするほど人生は長くないのですよ。

 東京に住んでた頃の友達に自転車を始めたことを話したらとても羨ましがらていろいろ聞かれたんですが、彼はてっきり私がマウンテンバイクを買ったと思ったようなんですね。いや実はロードなんだよねと言ったら憤慨されまして。東北に住んでるんなら MTB だろーよもったいねー…という意味がいまいちわからなかったんですが、最近ようやく、再度「そうだよねえ」とニヤニヤしながら痛感することが増えました。前述の写真の光景を見に行くのもそんなに難しくありません。そう、マウンテンバイクならね。

 とはいってもまあ、技術的機材的ハードルというのはそれなりに存在していて、特に技術はとても重要になってきます。私たち夫婦はドが付くほどの初心者ではありますが、一応、それなりに基礎連はしています。んだって、予想だにしないところに段差や石や岩が現れたり隠れたりするのが山ですもの。何かあったときに考えるより先に身体が動くようにしておかないとちょいと危ない気がします。

 まあそれはさておき、秋は山の季節です。


 こんな道を走るのはとても気持ちがいいものです。私ももともとド田舎で育ったこともあって、山近くに行きたくなる時があるんですよね。ブルべなんかはその欲求を満たすのに役に立ってくれていたような気がします。


 でも、求めているのは土のにおいだったり葉っぱの感触だったりするわけですよ。そういうのをいやというほど感じられるのは、こういう道を走ったとき。これに勝るものはないなあと思うのですよ。


 マウンテンバイクそのものの楽しさというのもあるんですが、基本アウトドアの延長。なので、家族で楽しめるというのもとても大きいわけで。そのまま子供さんが自転車始めちゃうなんてこともよくあるそうで。

 トレイルに出て、草木を愛でつつ山を感じながらの自転車活動ってのも乙なもんです。いい時期ですしね。興味ある方はぜひ一緒に行きましょうよー。


コメント