投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

ノーマルクランクで秋保まで

イメージ
 はいどうもこんにちは、漬物さんですよどうもどうも。
 先日付け替えたクランク、ローラー台では使ってみたもののさほど違いが判らず。これは実走するしかないよな、というわけで秋保へ行ってみましたよ。

 あ、ちなみにちゃんとクランクキャップは付けました。


 男の子はみんなアルマイト好きですからねえ。せっかくなので KCNC で統一ですよふはは。

 で、走り出してみたものの、鈍感な私には違いがいまいちわからず。それよりも変速調整がうまくいってなかったみたいで調整しながらちょこちょこと秋保へ向かいます。
 286号線を西北へ。車の量はありますが、路肩もそれなりに広いのでそんなに怖い思いはしないため悠々と行くのですが、うん、いつも以上に足が張る感じはするものの、思ったよりは影響少なさそうな感じです。
 ただ、平地での巡航速度は 3km/h くらい上がってました。ギア比のことはよくわかりませんが、ギヤの歯数が大きくなればスピードがあがるのはまあ、あたりまえのことであり、同じように出力部分にはより強いトルクがかかるというのも、考えてみれば当たり前なんですね。
 ずーっと上り基調の秋保までの道のりをえっちらおっちらのぼります。


 18㎞地点くらいでこれまでにない疲れ方をしているなあと気づきましたが、いやこれは登り基調だからであって、ノーマルクランクとか関係ないでしょと思いつつ、ペダルのまわし方に気を付けながら登り、秋保里センターへ到着。


 やー、あっちいあっちい。SL乗車体験会とかがあるみたいでキッズたちがわらわらといます。そんななかサイクルジャージでのっしのっしと歩いていると超注目を浴びますね。股間部分とか。やだ奥さんそんなに見ないで…。
 ちょっとだけ休憩して一路秋保大滝を目指します。すると、前のほうからイケメンと女子たちがきゃっきゃうふふと下ってきます。今日はソロサイクリングなので妙にうらやましく思えてガン見していると、あれ?イワンさんご一行じゃないか。どうもーとお声掛けしたらばわざわざ追っかけてくれて立ち話。いろいろお話したかったんですがついつい彼のアレにくぎ付けになってしまいまして。うんうん、これはなかなかイカス子ですね。いつか表舞台に出てくるのを楽しみにしております。
 秋保大滝に向かうためには一度川を渡らなければなりません。これがまたきれいなんだ。


 写真じゃなかなか伝わりませんが、こんなき…

BB30:私、BB30 を卒業します!(BB30 アダプターを使用)

イメージ
 はいどうもこんばんわ、漬物さんですよ。

 BRM913 宮城 1000、お疲れ様でした。スタッフとしてシークレットポイントからずーっと参加者を見ていましたが、1000 に出るレベルの変態(褒め言葉)達は本当にすごいですね。

 900km 走って元気に大盛りパスタ食べながら嬉しそうに「凄い台風だねえ(わくわく」と言っている姿を見て、いつか私もそんな境地にたどり着けるのだろうか、まずはブルベ界の三大宗教のひとつであるところの布団教に入信し、功徳を積むことから始めてみようなんて思っています(何

 宮城1000 の記事は書かないの?と言われそうですが、速報版でほぼ雰囲気は伝わったかなあって。スタッフ側のことしか書いてませんし、徐々にテンションが下がっていくのが文面からも丸わかりですが、なんかね、台風の中なんとか全員無事であってほしいという想いと風邪で朦朧としていたのもあって、あれ以上なんか書けって言われても現時点では無理ですHAHAHA。もちろん反省点や改善点はまとめて、かつ、実践もしていきます。こうみえてもシステム屋さんですからね。

 話がそれました。掲題のお話。
 スーパーアタック奥志賀の時から非常に調子の悪いうちの子の BB。BB30 と言えば、検索窓に「BB30」って入れると勝手に「BB30 異音」と検索候補が上がってくるくらいトラブルの多い規格でございますね。前々回の記事できちんとメンテナンスの仕方がわかったものの、時すでに遅しという感もございました。

 さてどうするか。素人がフレームにベアリングを圧入するという無茶な方法をとるか、金に物を言わせてシマノ化するか…ええ、もちろんチキンなあてくしはシマノ化することを選びましたよ。まだまだ Cayo ちゃんには現役でいてもらわないと困りますし。

 交換の顛末は続きから。




 BB30 というのは、御存知の通り、フレームに直接ベアリングを圧入するというのが最大の特徴であり、最大の長所であり、短所でもあるわけです。
 長所としては、メンテナンス性の良さと圧倒的に軽量であること。短所としては、メンテナンスをしないとあっという間にベアリングが腐るということと、圧入の精度によっては異音が出まくるということ。
 私の場合は、下手なメンテをしてしまったせいでベアリングにとどめを刺してしまったというわけですね。よーし、じゃあ BB30 のベアリングを交…

BRM913宮城1000 速報版(更新終了)

イメージ
 はいどうも、漬物さんですよ。

 ツイッターでハッシュタグ作ってつらつらと呟こうかなあと思いましたが、情報はまとめたほうが良かろうということで、随時更新する記事を「速報版」として作ってみました。

 この記事はあくまでも漬物個人が主観でテキトーに更新していくものなので、誤謬とかあったらお知らせください。何か伝えたいことがある方はコメント、あるいは @tukemonosan までメンション飛ばしてやってください。

 本格的な更新は14日午後くらいから16日2100時ごろからになると思います。
お暇な方は是非ご覧ください。

■ 13日1125時
 仙台は雨模様。すでに山形入りしている方や荷物の再確認をする方、移動中の方が TL 上で散見される。なお、台風が東北に差し掛かるのは16日だということだけど…。
■ 13日1354時
 既にゆ~チェリー(スタート地点の温泉施設)入りしてる方、寒河江駅に着いた方、山形道をひた走っている方々などを確認。古関PAのねこまさむねの反射キーホルダーを個人的におすすめしているのだけどタイミング合わず。む、無念。山形は晴れているとのこと。

■ 13日2225時
 がんちょさんあん肝に手を付ける。

■ 14日0200時
 ランドヌールたちは一様に「松島や 嗚呼松島や 真っ暗や」などと供述しており…

■ 14日0400時
 追い風万歳な状況。貯金が増えて仮眠する方もちらほら。

■ 14日0700時
 宮城県は快晴。先頭は既にPC3を出発。チェーントラブルやパンクする方も散見されるとのこと。とはいえ全般的にハイペースな模様。

■ 14日1000時
 DNF発生。漬物家の車輌準備だん。参加者のらツイートが徐々に少なくなっているのは、きっとブルべを楽しんでる証。

■ 14日1335時
 DNF発生。漬物家の車輌は一路奥入瀬へ。気温は三十度以上をマーク。参加者の体力を地味に奪っている模様。

■ 14日1520時
 漬物さん仮眠終了。DNF発生連絡に愕然。この方は絶対完走するだろうと思ってた…。漬物家の車輌は岩手山サービスエリアへ。ご飯なう。





■ 14日1823時
 海外から参加の方、DNF二名。がんちょさん大活躍。漬物家の車輌は鹿角温泉郷。気温は下がってきている。参加者には疲れも見え始めてるみたい。

■ 15日1220時
 石ヶ戸休憩所からPC7へ移動。休憩所は電波ではドコモのケータイとスマホだのみ。次…

BB30:ベアリングを交換するべきか、アダプタを使用するべきか

 はいどうも、漬物さんですこんばんわ。

 前回の記事でも書きましたが、雨に長時間さらされたロードのメンテというのは大変なものでございます。やれやれ。

 一応メンテはしましたよ。ただそれは、綺麗にしただけであってちゃんと「メンテナンスで来ているか」と言われると首をひねらざるを得ないんですよね。ネットに頼って徒手空拳でやってるもんで、大間違いをしでかしている可能性も大きいのです。

 で、なんでまた掲題のようなお話になっているかというと、明らかにゴリゴリしてるんですよ、うちの Cayo ちゃんのクランクの回転が。スーパーアタック奥志賀で発祥したカチカチで意を決してBBのグリスアップをした時よりも回転が渋い。同じ方法で綺麗にしたヘッドパーツのベアリングもごろごろ言いはじめてしまった。これは…たぶん、何かをやらかしたに違いない。心当たりはあるんです。ので、そのあたりを自戒を込めてメモ。



 BBのベアリングにしても、ヘッドパーツのベアリングにしても、今回は同じ方法でメンテを行いました。
パーツクリーナーを容赦なく吹き付ける
死ぬほど出てきた茶色い液体を泣きながらきれいに拭く
デュラエースのグリスを塗りまくる
 と、まあ、こう書くと一般的っぽい感じもしますよね。

 ベアリングってのは、御存知のように、内径の輪の外周に鋼球が入っていて外径の内周にくっついているという構造。鋼球の精度がよければよいほど、また、グリスがきちんと入っていれば滑らかに回りますよという代物です。

 で、その鋼球の部分を錆や汚れから守るために「シールド」と呼ばれるシール状の薄いプラスチックのようなものがついています。シールド(sealed:封がされた)ベアリングと呼ばれるタイプですね。

 その昔、私はラジコン少年だった時代があるのですが、そのころのベアリングは確か、シールドベアリングではなかったような気がします。回転が収まってくると見える鋼球が織りなす模様を見るのが好きでしたから。ラジコンなんてオフロードは知らせて何ぼなのにオープンなままなんて、乱暴ですよねえ。そもそもシールドベアリングにしておけば、メンテナンスフリーなんだからさ、そうするべきだよね。


 ん?


 メンテナンスフリー?



 うちの Cayo ちゃんの BB30 なベアリングも、ヘッドパーツのベアリングも、当たり前のようにシールドベアリングでした。それにパーツクリーナーぶっか…

裏磐梯スカイバレーヒルクライム(前夜祭&本戦)行ってきました

イメージ
 はいどうもこんにちは、漬物さんですよどうもどうも。
先週土日は掲題の通り、裏磐梯スカイバレーヒルクライムに行ってまいりました。今回は前日入りする予定にしたので、急遽前夜祭にも参加することにしましたのでそこあたりからレポートしてまいりましょう。

 裏磐梯スカイバレーヒルクライム。その存在を知ったのは昨年9月でした。ええそうですよ、私が事故って車に跳ね飛ばされた次の日でした。会社のイベントでたまたま猪苗代湖畔に来ていて朝起きて帰る準備してたらローディいっぱい。何のイベントですかーと聞いて見物に行ったらピンク色の圧力団体ベルエキップしびれ隊の面々が下山してきてあらまあびっくり、というわけでした。

 で、ヒルクライムについては…うーん、あんまり興味ないのですよ私。で、今回も裏磐梯スカイバレーは出ないつもり満々だったのですが、あれ、なんで出ることにしたんだっけ(奥さんとのメールのやり取りを振り返る)…んー、よくわからない(苦笑

 まあまあそういうわけで、いつものように凸凹コンビが山を登りますよっていうお話です。

 さて、やってきました裏磐梯。試走して受付して、ウェルカムパーティだ!と鼻息も荒く現地に到着したものの、今にも泣きだしそうな雲模様。白布峠だ猪苗代湖だ桧原湖だときなれている私たちではありますが、あまり練習もできなかったし、ちょっとくらいは実走したい。
 自転車を組み立ててる間にも同じ目的のランドヌール…いや、クライマーの皆さんと言ったほうが正しいか、が、車や自走でやってきます。高いバイクやそれぞれの個性の出ているチームジャージなんぞを見ながらテンションが徐々にたかまって…行かないorz そもそも俺ぁ山が苦手なんだよ。
 自転車と人間の準備ができたので早速試走を行うも、2km も行かない間に大粒の雨がぽつりぽつり。そんな中でも真面目に雨具を着て練習しているクライマーの皆さんを後目に見ながら大慌てで戻ることになりました。ここら辺からして気合が違うよね(苦笑
 受付までまだ間があったので車中にて作戦会議。ここで初めて関門があることを知る我々。とはいえ、これは何とかなるレベルだろーということであっという間に雑談モード。作戦も糞もありません。
 受付を行い、参加賞のTシャツと立派なトウモロコシを3本いただく。これはうれしい!打ち上げはトウモロコシでビールだな…とうきうきしていると「前夜祭受付…