投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

ブルベにおける etrex30 (2) 準備から使用までの一連の流れ

 はいどうもこんにちわ、漬物さんですよどーもどーも。

 8月25日は山形県の寒河江市某所(宮城ブルベに出る人たちにはおなじみのスタート・ゴール地点)で「やまめの学校」の教習を受けてきました。いやあ、目からうろこ。考えてみれば、自転車の乗り方なんて誰にも習ったことはないし、ましてや自転車の作り方なんて教えてくれる人に出会ったことはありません。なるほど、自転車ってのはこういうものなのか、と再認識し、また1から、今度は違った角度や態度で自転車と向き合うことができるようになったかもしれません。機会のある方はぜひぜひ受けてみてください。

 さて表題の件。前回は etrex30 の良さを列挙しただけで終わってしまいました。漬物はいったいどんな使い方をしていてイイって言ってるのさ?という声も聞こえてきます。はいはい、んじゃ順をおって説明していきましょう。今回は etrex30 に何をどう設定し、ブルベでは実際どういう風に使うのかという「一連の流れ」を説明します。詳しい細部についてはリクエストがあれば書きますが、たぶんググったほうが速いし、私の説明よりもずっとわかりやすい記事が見つかります。

 では、はじめましょー。


※ 今回は概要だけを説明するので図とか細かい説明とかはしません。あくまでも流れだけですよ。
■ 用意するもの
 etrex30 本体(念のため、MicroSDカード4GBくらい)
 OSM地図
 ルートラボの地図
 カシミール3D(フリーソフト)
 ymapjnx(フリーソフト)
   L Python、PIL(Python という名のコンピュータ言語の実行環境等々)
 キューシート



■ 準備

△ パソコン側環境 △
1.カシミール 3D を導入。
 → マカーな方でも使えます

2.Garmin BirdsEye JNX 作製ツールを導入。
 → Python と Python 向けライブラリの導入をする必要があります。
  また、設定ファイルを書き換える必要もあります。これが一番敷居が高いかも。
  ※ 日本語地図を購入した方には必要ありません。


▽ etrex30 側環境 ▽
1. ガーミンヂバイスの日本のOSM地図を導入。
 → ダウンロードにやたらと時間がかかりますが、特定のフォルダにファイルを置くだけ。
  ※ 日本語地図を購入した方には必要ありません。

2. メニューの日本語化
 → 「やりたい人はやっ…

ローラー台で修行してみよう。

 はいどうも、漬物さんですどうもどうも。
そんなわけで僕もついにローラー台を導入しましてね…ふふふ…。

 で、奥様ともども毎日 10km とか 15km とか乗るようになって、見るも無残な汗だく姿になってはシャワーを浴び、あっという間に夢の中へといった生活を楽しんでおります。いやあほんとに、ローラー台って楽しいですね…本当にたのしいですね。



そんなわけあるかー!



 あれは苦行ですな。
 実装の 15km とは全然違い慣性がほぼゼロなので、いつも以上にこがないといけないし、室内だから汗はバンバン出るし。暇つぶしや考えるネタとか妄想とかを用意しておかないと続かないですよ、うん。

 じゃあじゃあ、ということで、iPad を用意してやってみました。おお、これなら楽しめる。ただし、iPad をハンドルの上においてやっているとずーっとした方向を見ながら、つまり、崩れたフォームで練習することとなります。ダイエット的にはそれでもいいんでしょうが、せっかくローラー台に乗ってるんだから自転車的にも効果をきちんと出したい。

 よーし、ということで部屋の模様替えを敢行。iPad を前を見ながら見れる、かつ、手の届く位置に置けるようにし、ぶんぶん回すことができるようになりました。うん、ひと段落ひと段落。


 しかし、だ。


 iOS では見れないコンテンツとかファイルはたくさんあるわけで。これじゃあ早晩ネタが尽きてしまうのは火を見るより明らか。インターネッツするにしてもパソコンがいいなあと思うわけですよ。

 じゃあパソコンを設置するか―というのはやりすぎだし、ディスプレイだけおけるようにしようか―ってのじゃ操作はできないし。あきらめるか…と考えた時にひらめいたのがこのアイデア。

 「パソコンにリモートで接続すればいいじゃない。」




 ということで、iPad を使ってパソコンにリモート接続できるようにしちまいましょう。
これでコンテンツも尽きないし、パソコンに撮りためたエロコンテンツだってばっちり楽しめること請け合いですよ。
 ではその手順。




■ iPad でのリモート接続 ■

・ Windows 側準備
 1:Brynhildr をインストール
 2:起動し、パスワードを設定。待機状態にする。


・ iOS 側準備
 1:Orthrosをインストール
 2:Brynhildr で表示されているIP、Port番号、パスワードを入力


 結果。

 …

ブルベにおける etrex30 (1)

 はいどうもこんにちは、漬物さんですよどうもどうも。

いつか書こう書こうと思ってたのですがずるずると伸びたので分割で書いていこうと思います。



 ブルベと言えばキューシート…というか、初心者的にはコマ図ですよね。サイコンの距離計をリセットしながら、コマ図に書いてある次のポイントまでの距離と構造物を見て曲がるところ、曲がらないところを見極めるという運用。皆さんさまざまに工夫を凝らした、いろいろなコマ図ホルダーを用意してブルベにあたる風景というのを見たことがある方も多いと思います。

 とはいえ、コマ図は主催側が用意してくれるありがたい参考資料―言い方はアレですが「おまけ」みたいなもんです。正しいのはあくまでもキューシートになるわけです。ですので、ブルベといえばキューシートを読み解きながら行くものだろうというキューシート原理主義の方も数多くいますし、私もそういうのに憧れます。

 が。
 世の中地図読みが得意とか記憶力がすごいとか言う人ばかりじゃありません。北はどっちと聞かれて得意満面で西を指す私のような人間とか少なからずいます(よね?)。そうでなくとも、国道最高地点からミスコースして下ってしまい、コースに復帰しようとするともう一度渋峠登るくらいの勢いになると気づいて心が折れ、DNF を宣言し、認定を逃すような阿呆だって世の中にはいます。ああ、そうとも、ボクのことです(涙)。

 致命的な失敗はともかくとしても、キューシートやコマ図以上の確実性を求める人たちの要請と、様々な技術の発展によりハンディ GPS が簡単に入手できるようになり、今や GPS 頼みの人たちというのはブルベにおいて一大勢力として台頭してくることになるわけです。


 で。
 GPS と言えばみんな大好きガーミンさん。自転車専用としての Edge シリーズは余りにも有名ですね。810 からはナイスな通信機能がついて非常にいいなんていうレビューも聞いたりします。そう、ロングじゃないライドなら。

 ロングライドにおける Edge シリーズの不便さというのは(私は使ったことがないのでわかりませんが)よく見ますし、聞きます。やれ不安定だ、再起動できない、電源を切ることもできなくなった、充電しながら動かすことができない、300km超のライドでは高確率でログが壊れる、ルートが線だけじゃねえか etcetc…。

 あと、Edge シリーズってこ…

100km ほど自転車に乗ってみよう

イメージ
 はいどうも、漬物さんです。仙台はようやく梅雨明けを迎え、土曜日曜と何とか晴れてくれました。そして迎えた本日は仙台七夕の前夜祭の花火の日。仙台市民が心待ちにしている…と書いてる最中に雨が降り始めちゃったわけなんですけどね(苦笑

 とにもかくにも、土日は久しぶりに晴れてくれました。いそいそと自転車にまたがり久しぶりのロングライドを楽しむ姿が Twitter 上でも公道上でもたくさん見られたわけですよ。

 もちろん我々だって行くに決まってるじゃないですか。今回は、サイクルフェスタ丸森のコースの下見でも行こうや、というのが半分、「いなか道の駅やしまや」さんのカレーを堪能しようじゃないの、というのがもう半分。

 夏らしい日差しではあるものの、空気はぬるかったり冷たかったり暑かったり。なんかこう、夏休みっぽい感じの雰囲気の中、我々夫婦は南を目指すのであります。




 0800時に出発する予定が0850時に出発することになる、なんてのはうちではよくあることでございます。主に原因は私なんですけどねははははは。うちの奥様の自転車の整備や装備の付け替えでちょっと時間がかかってしまったわけです。
 本日の新製品はこちら、モンベルのサイクルフロントポーチ。Webで検索するだにあまり使ってる人はいないみたいですが、ルックスもなかなか、何より取り外しがしやすいのとアクセスがしやすいのが非常によろしい。マウンタを付けるには、一度ハンドルを外さなければいけないのがアレですが、一度つけてしまえばガタガタもしないしダンシングしてもそんなに負担にならない感じ。お値段もマウンタとセットで 3,600 円とお手頃価格。次のブルベは私もフロントバッグで行きます。

 某きまぐれシフトな cos さんから「丸森なら岩沼からずーっと土手を使って行けますよ」という情報をいただき、下見に行って来たのが確か 7 月上旬。車も来ないしゆっくり楽しくサイクリングできるじゃないのさ、ということで土手を中心に奥様と二人ペダルを回していたわけです。


 決めポーズをどうぞ、と言ったらこうなりました。楽しそうですね。途中で国道に出ざるを得ない区間もありますがそんなにそんなに怖いところでもないのでゆるゆると進みます。
 土手なので自販機もなければコンビニもないという、いまいち休憩するきっかけがつかめません。しかし、裏を返せば何も考えずに自転車や会話や風…

7月月間実績を振り返る

 おはようございます。BRM720 宮城 600 を DNF った漬物さんですよ(自嘲
やべえ、先月も同じような書き出しだったぞ俺。しょっぱいなーorz



 7月は…忙しかったなあ。仕事もピークだったしやる事もいろいろあったし。ブルベ前はホント時間も取れず、しかもこの天候でしょ?全然自転車に乗れないでやんの。自転車やダイエット的にはまったくもってよくない月でした。イエス絶不調。

 8月はイベント参加はありませんが、8月25日に山形で「やまめの学校」を受講してきます。前回のブルベではほぼすべての区間をやまめ乗りチック(まだまだちゃんとフォームを維持できていないと思いますが)な乗り方で乗り切り、ケツも痛くならず、体へのダメージもほとんどありませんでした。私にはあってる乗り方のようなので、受講がとても楽しみです。

 あとは 東北タイフェスタ でフィーバーしたりとか、お盆期間中にお墓参りに自転車で行ってみたりとかくらいかなあ。どっかのタイミングで勝手ブルベができるといいのですが…ってそうそう、縁あってご厚意でローラー台一式豪華セットを譲っていただくことになったんですよえへへ。伝説のローラーブルベをオンラインでできないもんかな、と空いた時間を見つけて企画立ててみようと思うのです。


 今月はどちらかというと休憩モード。6~7月は自転車漬でしたからね。あまり遠出はしないんじゃないかなあ。

 体重の推移は非道いもんです。ブルベが終わって緊張の糸が切れたのか、まあ、毎晩飲むわ飲むわ。あっという間に太りましてはっはっは。はーあ。来月は裏磐梯ヒルクライムにエントリーしちゃってるので、頑張って痩せます。はい。

 さてさて、今月もいつもの3指標でもって振り返ってみましょ。



・ 自転車走行距離

・ ランニング走行距離

・ 体重・体脂肪の推移





■ 自転車走行距離

 638.7km となりました。目標を 140km ほど上回った形になります。北海道での支笏湖サイクリング、丸森まで土手を使っていってみようといった突発的企画(ブログには載せてませんがそんなことやってました)があったおかげですかね。ブルベは予想通り 300km で DNF になったので、計算通りというかなんというか。ただ、雨の日が予想以上に多く、通勤での距離がまったくもって伸びなかったのは残念です。

 今月はブルベもないし、夏休みのおかげでジテツウの回数も激減す…