投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

【拡散希望】自転車のまち、丸森。「サイクルフェスタ丸森」開催するよー。

イメージ
 こんにちは、漬物さんですどうもどうも。あたしゃ普段「拡散希望」なんてのは使わないのですが、今回の内容はぜひですね、自転車や宮城県に興味のある方に拡散していただければ幸いですよ。


 東北ではほとんどなかったサイクルイベントですが、震災後いろいろ増えました。震災を自転車のおかげで乗り切ったといっても過言ではない私にとっては、大変ありがたいことです。

 たとえばツール・ド・三陸

 お金を落として復旧復興しようぜではなく、被災地域はまだまだこんな塩梅ですよというのをその目で見てほしいというテーマ。

 たとえばツール・ド・さくらんぼ
 震災とか関係なく、純粋に綺麗な光景、美しい地域とおいしい食べ物を一緒に楽しみませんかというテーマ。

 たとえばサイクルエイドジャパン。一人でも多くの人に来てほしい、東北の魅力を感じてほしい。応援の絆、メッセージをつなげていく…というテーマ。

 どれもこれも練られたイベントですね。残念ながら三陸には参加していませんが、どれもこれも楽しいというブログの記事がたくさんありました。

 振り返って宮城県。私が知る限りでは、ロングライド系自転車イベントってほとんどないんですよね。SUGO のママチャリエンデューロさくらスプリントカップは確かに長距離ですけど、その、なんていうんですか、周回じゃなくて、遠乗りの―そう、ツール・ド・ラフランスみたいなイベントってないんだよなあ(もしあったら教えてください)。え、ブルベ?あれはイベントってのとはまたちょっと違う世界ですし。



 唯一開催されていたのは、閖上にあったサイクルスポーツセンターから出発するセンチュリーライド秋の100kmライドだったんですが、それも昨年は開催されず…ってまあ、あの状態ですしねえ。名取 CSC はいまだ近づくこともできません。



 そんななか、丸森サイクルプロジェクトという集まりができ、「サイクルフェスタ丸森」というイベントを立ち上げるらしいぜと小耳にはさんだのがツイッター上でのこと。宮城でこういうの、待ってました!と小躍りしながらいろいろ問合せさせていただきました。担当の方からは「ネットで言えば【拡散希望】でしょうか?」というありがたいお言葉をいただきましたので、拙文ながらもその内容をご紹介していきたいと思います。


 基本的な概要については、サイクルフェスタ丸森の公式サイトを見ていただければ良いのですが…

BRM629埼玉400 スーパーアタック奥志賀 準備編(2)

イメージ
 はいどうもこんばんわ、漬物さんでございます。

えー、来週の今頃は意気揚々と凱旋している途中、あるいは、失意のうちに高速道を北へ向けて走っているかのどちらでしょうね…というわけで、ブルベの準備をしなくては。

 スーパーアタック奥志賀、といえば、その変態的な山岳コースとして知られているわけです。自転車も機材もなるべく軽いほうがいいでしょうと思いながら準備をしてみたら、機材の総重量は13㎏を超える計算となり、これはいわゆる一つのママチャリと同じ重量であり、ボクは、400kmの道のりをボクは…とうなだれておりました。

 工夫と妥協をすれば軽くはできるでしょう。だがしかし、元来心配性な私はこれくらいの装備でのざまざるを得ないのでしょうな…ということで、中身を大公開。経験者の方は是非アドバイスを、未経験の方は私の恐れおののくさまを楽しんでいただければ幸いです。あ、ちなみにロードは現在こんな状態です。








■ 自転車
 FOCUS Cayo 2.0(2011)
 Mavic OpenPro + Ultegra 手組ホイール(ベルエキップ産)
 Giant S-R4 25c タイヤ
 (おそらく) Schwalbe のチューブ


 TIME iClic Carbon

■ ライト



 ハブライト: CATEYE HL-EL135
 メインライト:GENTOS SF-353X3
 サブライト:CATEYE HL-EL340




 BORO テールライトSTL-01
 CATEYE デュアルモードテールライト TL-LD170R

■ バッグ類





 ORTLIEB サドルバッグ F96LL
 BirzmanZYKLOP-NAVIGATORⅡ

■ バッグの中身

 < フロントバッグ > 
 10000mAh の充電池
 シャモアクリーム、日焼け止め、リップクリーム、鎮痛剤、目薬
 免許証、保険証、お金、ブルベカード

※ 鎮痛剤は眠くならないタイプで頭痛のみならず関節痛や肩こりにも効果のあるタイプ



 < リアバッグ >


 カッパ兼ウィンドブレイカー兼防寒具兼反射ベスト:dhb Signal Jacket
 携帯用工具(100円ショップで210円のもの)
 チューブx2
 CO2インフレータ
 ボンベx2
 パンク修理セット
 ニップル回し
 醤油入れに入れたチェーンオイル
 補給食(ソイジョイ、塩サプリ、塩飴、BCAA飴、アミノバイタル、メイタン黒x2、チョコバー、ピ…

自転車を積んで旅に出よう!(猪苗代湖一周"イナイチ"のススメ)

イメージ
 はいどうもこんにちわ、スーパーアタック奥志賀を前にしてガタガタ震えてる漬物さんですよどうもどうもあははー。

 いろいろと準備しなくちゃいけないことはあるんですが、ひとまずそれは忘れて楽しんじゃおうぜってことで行ってきました猪苗代湖。目的は、猪苗代湖一周をすることです。人はこれを現実逃避という…。

 前回の檜原湖一週&白布峠は本当に素晴らしい体験でした。これに味を占めた我々は、近くにあるんだから猪苗代湖一周"イナイチ"をやろうぜってことになりまして、投宿したのがフレーザーホテルさん。やあ、部屋はすごいし料理は本格フレンチ、お風呂は貸切形式と至れり尽くせり。最高でした。




 デザートはこんなの。うつくしー。こういうきちんとした料理を食べたのは久しぶりかもしれないなあ。タイミングよく出てくるコース料理に舌鼓を打ち、明日の天気が崩れないことを祈りつつ就寝。晴れるかなあ…。





 そして よが あけた(てれれーれーれってってーん♪
 ざんざか雨降ってますけど…まあしょうがない、会津観光に切り替えるかとご飯を食べに。
朝ごはんの内容は確かに素晴らしかった!


 おフランスな朝はこういう感じなんでしょうかね。これに厚いトースト、チーズとリンゴのパイのようなものとオレンジジュース、リンゴヨーグルトという内容でした。おいしかった…が、この食事が原因であとで困ることになるとは二人とも予想しなかったのであった。
 朝にオレンジジュース等のフレッシュジュースを飲むと高確率でお腹を痛くするうちの奥様ですが、この日も安定の腹痛でございまして。うんうん唸っているうちに外の様子に変化が。おお、神よ…雨が上がってるじゃないですか!
 というわけでれっつらごー。猪苗代湖畔、野口英世記念館の裏の町営駐車場に車を止め、ロードでイナイチ、ついにスタートでございます。
※ 湖と山と空のコントラストが映える写真は、先の檜原湖でさんざん撮っているので、今回写真は少なめです。
 猪苗代湖を西から一周することにします。

 野口英世記念館を出て左に行きますが、会津に抜けたい車の主要道路になっている49号線の路面状況はなかなか悪いです。トラックもひっきりなしに通りますのでちと怖い。とはいえ、私たち以外にもローディさんたちが結構いるコースでもあるらしく、車はみんな大きくよけてくれます。ありがたやありがたや。
 ちょっと走れば絵葉書の…

BRM629埼玉400 スーパーアタック奥志賀 準備編(1)

 おはようございます。漬物さんですどうもどうも。

いやはや、6月前半のイベントラッシュもようやく終わり。あとは月末のスーパーアタック奥志賀に向けて準備を進めるだけです。

 ブルベにおける私の心配事の第一は、今までもさんざん書いてきたように「迷惑をかけずに生きて帰ってこれるか否か」です。第二に心配することは、走力でも脚力でも体力でも装備でもなんでもありません。ミスコースしないか。これに尽きます。方向音痴キングですからねあたしゃ。



 まあそれでも、コマ図があれば何とかなるんでしょ?とお思いのあなた。甘い。コマ図は事前に下見を行ったからわかるものであって、あれだけで走れるとかどんな脳内構造してんのよというのが私の正直な気持ちでございます。
 キューシートを読み解くこと自体はできます。目の前にパソコンがあって、グーグル先生やルートラボ先生の地図があれば…ね。ブルベはキューシートだけで走るべしとかコマ図は甘えとかいろいろな議論を見たり聞いたりしますが、はっきり言って私の場合、ポリシーなんかより生命のほうが大事なので GPS に頼るしかありません。
 GPS といえば、みんな大好き Garmin の Edge シリーズですが、私には iPhone があります。電池さえ持てばこの子は非常に有用なGPSにもなりツールにもなってくれるのですが、いかんせんそうはいかない。外部バッテリーは持っていきますが、27時間連続稼働に耐えられないような気もします。いや、いけるかな?
 Garmin 系を利用するにせよ iPhone を利用するにせよ、まずは地図を読み解かなくちゃいけません、ということで、キューシートも公開されたことですし、試しにルートラボで線を引いてみましたよ。
■ BRM629埼玉400 PC3まで ■

■ BRM629埼玉400 PC3~ゴール



 いやー、キューシートから地図を起こすのって結構大変ですね。ルートラボだけでは補完しきれずにグーグルマップも併用して必死に交差点を探したり、計算機片手にこの辺りで曲がるはずだ云々やってるとさすがに疲れます。

 かてて加えてこの高低差。やっべー DNS しようかなあと割と本気で考えるくらいの過酷さ。いやだって、日程的に 400 はこれに参加するしかとりようがないというのはあるものの、いまだ 300 すら走ったことがない私が400を、しかもスーパーアタッ…

さくらんぼマラソン大会に行ってきました

イメージ
 いやあ、今月はイベントラッシュで体力がキツイ。どうもどうも、漬物です。


 6月1日にツールドさくらんぼで山岳コースを 123km 走り、6月8日はサイクルエイドジャパンで 75km + 自走で帰宅の 43km の計 118km 走り、翌日にハーフマラソンという、お前もう少し考えろよ…というスケジュール。ジョギングすらサボっている私が完走なんて考えてません。まあ適当に 15㎞ 位走って回収車待ちよね。

 以前、私がニコニコ生放送やっていた時代、ニコ生ジョギング部なるコミュニティで大会前放送とかやっていたんですよ。その時を覚えている方達には申し訳ないくらいの軽装での出陣でした。最低限の飲料、薬品、なぜかロードバイク(苦笑)をなぜか当日の朝に準備する羽目になり、かてて加えて関門の時間すらノーチェック。しかも寝坊するという態たらくで山形へ向かったのです。

 結果的にはなぜか完走しちゃったんですけどね(苦笑
 その辺については続きから。









 ひがしねさくらんぼマラソンは毎回毎回そうなんですが、車の渋滞が半端ないんですよね。駐車場自体はたくさんあるのですが、来る人の数はすごいし、駐車場に至る道は2本くらいしかないのです…ということを知っていながら寝坊ぶちかますとかもうね。
 渋滞中の車で今回の方針を練ります。
体の不調(特に膝)を少しでも感じたら即 DNF (今年の目標はあくまでも SR)
嬉しいほどの応援があるが、反応しない
カメラにも反応しない
ペースは 1km 6 分 30 秒
写真なんぞ撮らない。
 と、まあ、こんな感じ。10km 地点くらいで足が痛くなるなり肺が苦しくなるなりして  DNF ってのが妥当なところでしょう。

 と、つらつら考えていたら駐車場へ到着。私も嫁もトイレに行きたいけれど、トイレは長蛇の列。テントも立てなきゃいけないし…あわわあわわと私はトイレを我慢してテント設営、ぱっぱと準備してスタートラインに向かいます。


 また今年もスタッフの方に怒られながらスタート地点に行くことになったわけです。毎回毎回スミマセン本当…。

 列に並んだのがスタートの4分前。靴ひもを結びなおしてストレッチでも…と思ったら



 靴壊れてるじゃねえかwwww普段履きしすぎた結果ですwwwww靴擦れ必至wwww
 と、草生やしてる場合じゃないんだよね。靴擦れが起きそうになったら即 DNF ということで、フラグばかり…

CYCLE AID JAPAN 2013 6月8日ロングライドコースに行ってきました

イメージ
 はいどうもこんにちわ、漬物さんですよどうもどうも。
6月はイベント続きでなかなか大変です。マラソン大会、ブルベ、自転車イベントもさることながら、ドイツ好きな私としては外せないこんなイベントもあるわけで。


 プロージットー!


 ムール貝!


 場所を変えての二次会!


 みすたさまーたーいむ♪


 うははっははははh




 …と、言うことをやっていたらですね、そりゃあもう、家に帰って撃沈するのは当たり前なのですが、次の日に自転車イベントなんですよね、我々。大丈夫なのかっていうと、結論から言うとひどい状態でございました。



 今回は、東京からアーツさんがやってきてくださったので、一緒に走ります。やべえよあのディープリム。フィブラ強そうだよ足あわないに決まってんだろ俺…と微妙に不安になりながらも CYCLE AID JAPAN は始まるのでした。





 会場へは車で乗り付けてみました。私のうちからスタート地点の松島までは 40km 位あるので、そのまま車を置いて行って、うちの奥様が自転車で車を取りに来るという算段です。イエス、自走。
 自転車を組み立てていると、前回ツール・ド・さくらんぼでたまたま塩サプリを手渡した方にお声掛けいただきました。いろいろお話をさせていただいてる間に受付時間になったのですが…


 えらく閑散としてますな…。まあ、天候も不安定ってこともあり、DNS した方も多いのかもしれません。受付もあっという間に終わってしまい、時間も余ったのでアーツさんと自転車のとっかえっこ。考えてみれば、自分の自転車に他の人が乗っている姿ってみたことなかったや。Cayo さんカッコいいです(親ばか)。

 スタート時間間近になってもこんな程度しか人がいません。むむむ、これはなかなかさびしいたびになるのかな。雨と雷に注意って言われればまあ、そりゃあ、ひるむわなあ。



 20 人くらいが固まって順次案内されてブリーフィング。まあ、私にしてみれば何度もとおっている道なのでアレですが、だいたいそういうところに罠というのが潜んでいたりしますからね、真剣に聞きます。


 で、ここかららが長かった…


 ブリーフィングからスタートまで 20 分以上はたっぷりかかりましたかね。スタートすぐからトラックの交通量が多い道ということもあってウェーブスタートなのですが、5人ずつ3分間隔くらいなのかな、そりゃあ時間もかかるってもんです。仕方がないとは…